【秋華賞2016出走馬】ダイワドレッサー安定感はないが休養明けでも侮れない

u201310571520151114553300

1600mのフェアリーSと1800mのラジオNIKKEI賞でともに重賞2着のダイワドレッサーは、秋華賞の2000mも問題にしなさそうな適応力がとても魅力的だ。好走と凡走をほぼ交互に繰り返す実績から安定感はないが、それが逆にこの馬の個性になっている。

前走のラジオNIKKEI賞からはレース間隔が空いてしまうので、その点は割り引かなければいけないだろう。ただ、こういう個性の馬は常識的な考え方が通用しないところがあるので、本番の秋華賞でまさかの上位崩しがあってもおかしくない。

注目はその脚質で、好走したときはいずれも前目の競馬をしている。前走のラジオNIKKEI賞がまさにその形での2着で、このレースはハンデ差があったとはいえ牡馬との混合戦だった。そこで牡馬に交じって力を発揮したのだから、GⅠとはいえ牝馬同士の争いになる秋華賞では前残りの好走がイメージできる。

そのための必須条件はまず内側の好枠を引き当てることで、スタート後すんなりロスなく先行集団の一角にとりつければおもしろいだろう。馬主であるダイワはダイワスカーレットやダイワエルシエーロなど牡馬だけではなく牝馬の活躍も目立つので、休養明けの臨戦過程でもそうは侮れない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です